母ちゃんの、"日々の泡"
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
怒濤の父ちゃんカフェ@ウナカメ
CAFEトレフルが月2回営業している日替りカフェ「ウナ・カメラ・リーベラ」では、
定番カフェが臨時休業の場合等に、’ワンデイカフェ’という一日限定のお店が登場します。

8月21日(土)は、父ちゃんカフェ「ヤスダ製麺所」が初登場しました。
カフェとは名ばかり、父ちゃん渾身の手打ちうどん(居酒)屋です!

トレフル相棒えみちゃんの「今度ワンデイで父ちゃんカフェやったら?」という提案に、
「いいねー」と即答する父ちゃん。
そしてある休日、たまたまテレビでやっていた香川の讃岐うどん。
「うまそー!手打ちうどん、イイねぇ〜!」と満場一致でうどん屋をやることに決まったのでした。

とはいえ、
手打ちうどんなんてやったこともないし、道具もないし、父ちゃん仕事忙しいし、
いつ試作すんのー?メニューどうするのー?買い出しはー?仕込みはー?集客はー?
各人がそれぞれハテナを抱えながらも「まぁ、何とかなっぺ!」と、過ぎゆく日々…。

結局のところ強引に時間を作って、本番2日前に初めての手打ちうどん作り&試食を行い、
父ちゃんはとにかく後にも先にもうどん担当、あとは「トレフル力(りょく)」で賄うこととなりました。

で、こちらが3種の粉で作った試作品。
それが父ちゃん、慣れた手つきで淡々といい仕事して、つるつるしこしこの出来となりました。
その茹でたてがこれがまた非常に旨いときた!これならイケる!

ちなみに使った粉は、
①某うどん用の中力粉、②某フランスパン用の準強力粉、③群馬産の地粉。
①は透明でつるつるで美しい仕上がり。でもパンチ(個性)に欠ける。
②は力強く味わい深く、個性的で田舎蕎麦的な味わい。
③は一番馴染みある家庭的でお手ごろなお味。
当日用には①と②のブレンドで計4キロの粉を用意しました。

ロゴ&メニュー作りは父ちゃんの本業ですんで前の晩にちょちょいのちょい。
ウナカメHPに載せた告知はこちら。

準備のドタバタ、当日のドタバタは端折りますが(!)、
結論から言うと、周りでハラハラドキドキ&ちょいとイライラしたところで、
父ちゃんはいつも通りのマイペース&のんびりムードで我道に則り俺流で準備を進め、
粉4キロ(40食分)のうどんを捏ねて寝かして切って、飲んべえの友人仲間を呼び集め、
家族その他を総動員させ、ぎりぎりでありながら塩梅よく全てが「何とかなった」のでありました。

下記写真のように、カフェではありえないような飲みっぷりの方々にご来店頂き、
(ここまで瓶を下げない、というのも考えてみればすごいし、しかも子守りまで…。)
一人で三杯のうどんを召し上がる方までいらして、父ちゃん設定の売上目標も軽くクリア!

そしてそんなことよりとにかく「うどんが旨かった」ことがもろもろ全てを凌駕しました。
大げさながら「旨いもの力(りょく)」に圧倒された一日でした!

ですが、慣れない居酒屋業務に、不手際も正直多々ありました。
ご来店くださった皆さま、本当にありがとうございました!

暖簾まで手作りし、うどんを茹で続け、つまみを出し続けたキッチン担当のえみちゃん、
さらに重要な任務である、チビ二人の子守りをしてくれたばぁば二人。
文字通り家族その他もろもろ総動員でした。

翌日、祭りの後のぐったり感に身をゆだねながら、ふと、
「ナニやってんだー?毎度のことながら私たちは!」と自問しました、さすがの私も。

でもさ、大人がアホみたいに本気(と書いてマジ)で遊んでるのって面白いなって思うのです。
父ちゃんの遊び、母ちゃんの遊び、子どもの遊びっていうのがそれぞれあるのもいいけど、
時には全部ごちゃまぜで一緒くたに、しかも子どもじゃなくて大人がメインで遊ぶっていうのがまた面白いんだよなー、と。

何かよく分からんが、単にその「面白さ」なんだよなぁ、と思ったのでした。

「ヤスダ製麺所」はまたの機会を狙って、次なる麺に挑むつもりです!?
麺だけに懲りない面々・・・(だじゃれ)。
お粗末様でした!
たべること comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://espaceliaison.jugem.jp/trackback/142
<< NEW | TOP | OLD>>