母ちゃんの、"日々の泡"
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
兄ちゃんの悲しみ
今日、保育園から帰ってきた兄ちゃんの怒りと悲しみが噴出。
全てにつっかかる、全てがイヤ!
イヤだ〜、というシャワーに入れるも、転ばないようにと腕を掴むと、
「何で母ちゃん腕を掴むの!!!」と怒り爆発。

同時に熱を出した次男がぐずぐず泣いていて、母ちゃんは、
体も拭きたくないし拭いて欲しくないし、着替えもしたくない兄ちゃんを
しょうがないから裸のまま脱衣所に置いてリビングで次男におっぱいをあげる。
と兄ちゃんが裸のまま泣き叫ぶ。

「何で母ちゃんは優しくないの!!!」
「何で母ちゃんは優しくないの!!!」
繰り返し。
「もう母ちゃんて呼ばないから!」

こうなると何と答えても駄目。

「何で母ちゃんはボクを放っておくの!!!」
「何で母ちゃんはボクを放っておくの!!!」
これも何度か繰り返し。

全身で怒り、泣く。

おっぱい飲んで寝そうになった次男を寝室に連れて行く。
兄ちゃんも泣き叫びつつも付いてくる。

母ちゃんも必死に、
「kouくん寝かしてkaiくん抱っこするからそれでお話ししようよ」という。
泣きながら兄ちゃんが言う。

「待ってたんだよ、病院から帰って来るの待ってたんだよ!!!」

嗚咽しつつ、

「泣くことしか、出来ないんだよ!!!」


…すごいこと言うな、胸に突き刺さるよ。

母ちゃんは弟におっぱいあげながら裸ん坊で泣き続ける兄ちゃんに言う。

「えらいね、自分の思ってることちゃんと言えてホントに凄いよ!
悲しいこと、怒っていることをちゃんと言えるのは、それはすごいことなんだよ」

ようやく落ち着いてきておっぱいをあげてる母ちゃんにまとわりつく。

弟を寝かしてリビングに戻ると素直にパジャマを着る。
素直に抱っこする。
「今日さ、保育園にゴキブリいたよ」とか話して、
「ごはん食べよう」というと「うん」と頷く。

久しぶりに二人で絵本を読んでから寝た。


今回の弟の入院で揺さぶられたのは手術を受けた本人ではなく長男でした。

長男が胸の奥に抱える悲しみ、怒りの固まりのようなもの。
これは何だろう?
産後すぐに母と離されNICUに2週間入院した無意識の記憶にある
「置き去りにされた恐怖」から来るのか、
記憶に新しい、喘息で入院した時の辛かった経験から来るのか、
彼自身の経験を超えて、先祖代々から受け継がれる因縁のようなものなのか、
よく分からないけど、何かそういったものを長男からは感じます。

小児喘息という病もその悲しみの固まりの現れかも知れません。

でも長男のすごいところはそれを言語化し、身体化し、
ある意味のびのびと表現できているところだと思います。

甘えたいんだ、言葉と気持ちは裏腹なんだ、本当は「母ちゃん大好き、
抱っこして。ボクが一番だって言って」と言ってるんだ、と頭で思っても、
いつもつい同じ土俵に乗って怒ったり喧嘩しちゃいます。
でも今日は圧倒されました。

言霊というか、言葉の強さに。

昨日の保育園のノートに、先生が「おうちでお母さんいなくて泣かなかった?
って聞いたら泣かなかったよって答えてました。」って書いてあったけど、
お迎えに行って二日ぶりに再会して抱き合ったときは、
「ボクね、母ちゃんがいい!って言って泣いたんだよ」って教えてくれました。

こども comments(4) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








母ちゃん、kouくん
病院からお帰りなさい!お疲れ様でした。ご無事で何よりでした。

兄ちゃんの心の叫び、胸がつーんとなると同時に惚れ惚れしました。
すごいこと言うなあ。ほんとにすごい。
from. masae | 2010/07/10 00:03 |
泣けるーー!!
 
ずっとずっとその事で頭いっぱいで、でも我慢してて。 ね。
ほんとうにえらかったよね。

一昨日と昨日の豹変ぶりはドラマチックだった。
理屈ではないこころからの熱い熱いきもちの表現法を垣間見れて
感動すら覚えたよ。

そして、本命(母)に放っとかれた男(K君)が
近くの別の女(オレ)にとりあえず癒しを求める構図も垣間見た。

もぉ  男って!

from. えみこ | 2010/07/10 02:11 |

ちょっと、あそぼうよ
http://kw5m5dy.n.3gds.net/kw5m5dy/
from. りつこ | 2011/07/15 16:06 |

さみしいとき
あるよね
http://qny4e7n.t.monju.me/qny4e7n/
from. みっくみく | 2011/08/27 04:46 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://espaceliaison.jugem.jp/trackback/134
<< NEW | TOP | OLD>>